Variety Dogs
 
 
   

STANDARD POODLE'S Continental clip (1)  Model:GINA

前回のトリミングから約一ヶ月。
スタンダードプードルは皮脂の分泌が多いので、皮脂を完全に落とすようにシャンプーした後、カールをのばしながらドライングし、毛をまっすぐにしておきます。

頭部の毛はセットの仕上がりを想定した形にバンドで仮止めしておきます。こうすることで仕上がりに近いラインのクリッパーを入れることが出来ます。
表情は全体のスタイルを左右する重要なポイントになりますので、顔から作業を始めます。
0.1ミリの刃を付けたクリッパーで、耳の内側の付け根と目尻を結ぶイマジナリーラインから順に、頬から顎、マズル、のどから首と逆剃りしていきます。
背を短く見せる効果も狙い、正しく立たせた時、胸の一番高いところから肩甲骨を結ぶラインが45度になるようにクリッパーラインを入れます。
 
目の間に逆V字型のインデンテーションを入れます。最終的にスウェルが上からかぶることを考え、深くとっておくといいでしょう。
足をクリッピングする前に正しく立たせ、その犬の握りを確認します。スタンダードプードルは握りの良い犬が多いのですが、握りが甘い場合にはクリッピングラインをやや下げ、ショーの5〜7日前に足のクリッピングを行います。反対に握りがよく、肌の色も良い場合には、ショー前日にクリッピングして握りの良さ等をアピールします。

スタンダードプードルはトイやミニチュアよりクリッピングラインを上にとり、体を大きく見せるのが基本です。
クリッピングラインに、左手の親指を当て、足をクリッピングします。左手の親指に当たるまでゆっくりとクリッパーを動かし、逆剃りしていきます。
指の間や足裏もきれいに刈ります。湿疹等の皮膚トラブルが起こりやすいところなので、シャンプーをするときも指の間までしっかり洗う習慣をつけましょう。
 
足のクリッピングが終わったら、必ずいったん正しく立たせ、クリッピングラインを確認します。
前肢のクリッピングをする前に、肘の位置を確認します。肘のつき具合や全身のバランスを見ながら、その犬に合わせて肘の位置を決めます。
 
前肢の毛をブレスレットの上から肘まで逆剃りします。犬を座らせて刈ってもかまいませんが、刈った後のチェックは必ず立たせて行います。
全身のバランスを見て、アンギュレーションを深く見せるようにロゼットの位置を決めます。テールセットより前にロゼットを作るのが基本。小さめに高い位置に作ると体を大きく、軽快に見せる効果があります。少し前寄りに作れば、ポンポン・ロゼット・ブレスレットの3点の位置関係でアンギュレーションを深く見せることも出来ます。
肛門周りや尾の付け根から、ロゼットのアウトラインをつけていきます。尾の付け根を刈るときは左手で尾を持ち上げ、テールセットの見え方を確認すること。
 
メインコートとのパーティングラインをつけ、ロゼットのアウトラインが決まったら犬を寝かせ、残ったボディの毛をきれいに刈ります。
 
 


 

Copyright (C) 2004 COLLECTION TOSHI. All rights reserved.